トップへ

The Runner's Guide to the world

ニューカレドニア国際マラソン

2015年 体験レポート

 

日曜の午後を満喫

アンスバタにある【リンバ・ジュース・カフェ(Rimba Juice Cafe)】にてランチ。
動物の絵が描かれた看板やフィギュア、派手なオレンジ色のイスが目印になります。

フレンチドレッシングがかかったサラダとハンバーガーを注文。ボリューム満点で、ナイフとフォークで美味しくいただきました。

ランチ後、シトロン湾ショッピングセンターへ移動し、【レ トワ ブラッスール(LES 3 BRASSEURS)】へ。
こちらのお店では店内で醸造したビールをいただくことができます。

ビールの種類や大きさが豊富にあり、飲み比べができるメニューもあります。レース後の1杯にいかがでしょうか!

この日は日曜日。シトロン湾ビーチ沿いでゆったりと過ごす人がいたり、

カイトサーフィンなどのマリンアクティビティを楽しむなど、思い思いの休日を過ごしています。

こちらは日本人が経営するおみやげセレクトショップ【アクア(AQUA)】。プロムナードショッピングセンターの1Fにあります。

ニューカレドニア製のチョコレートや、コーヒー、コップ、マグネットなど様々なお土産が揃っており、日本語で商品説明が書かれているので、安心して購入できます。

大会のアフターパーティーに向かう前に、綺麗な夕日を見ることができました。
日中は、半袖・短パンで過ごすことができ海にも入れるような気温ですが、この時期の南半球は冬です。この時間はとても寒くなります。パーカーなどの上着を用意しておくことをオススメします。

 

表彰式&カクテルパーティー

大会のスタート・ゴール会場であるアンリミラール競馬場にて、表彰式が行われます。

年代別の表彰もありますので、自分のタイムや順位を確認しましょう。

表彰式の会場でのみ、ゴール時の写真と完走証がもらえます。
※なお、完走証は日本人のみの発行で、オンラインで直接大会に申込みされた人には用意がありませんので、ツアーでの申込みをオススメします。(2015年大会情報)

年代別表彰があり、入賞者には盾が贈られます。

総合1位~3位入賞者にも盾が贈られ、今年の大会では、ハーフマラソンの部、総合2位に日本人が入賞し、フルマラソンの部では、男女共に日本人が表彰台を独占しました!

表彰式の途中で、伝統的なダンスを披露してくれました!

今大会のスタッフの皆さま!彼らなしでは大会は成り立ちません。感謝です!

表彰式後はカクテルパーティーです。
軽食とアルコール(またはソフトドリンク)が振舞われます。

一口サイズのサンドウィッチやバーガー、スティック野菜がテーブルに並びます。

和太鼓の演奏も披露され、大会を締め括りました!

レース当日の夜中の便で帰国するため、トントゥータ空港へ。
出発時間が2時間遅れるというハプニングがありましたが、約8時間のフライトを経て翌朝9時頃成田空港に到着。

30年以上の歴史を持つニューカレドニア国際マラソンは、東京都立川市の協力のもと1983年に初めて開催され、国際マラソンとして発展しています。大会運営側に日本語を話すスタッフがいるので、安心して大会に参加することができます。
毎年8月に開催されますので、是非参加してみてはいかがでしょうか!

取材協力:
ニューカレドニア観光局


エア・カレドニア・インターナショナル航空


■ ニューカレドニア観光局公式ホームページ:http://www.newcaledonia.jp
■ ニューカレドニア観光局公式Facebookページ: https://www.facebook.com/NCTPSJAPAN
■ ニューカレドニア観光局コンセプトサイト: http://www.nc-revalue.jp
■ ニューカレドニア観光局公式YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCrFfHDFfnBRpk31p6yvHl6A
■ ニューカレドニア観光局公式インスタグラム: https://instagram.com/newcaledoniatourism