トップへ

The Runner's Guide to the world

サイパンマラソン

2014年 体験レポート

 コースはサイパン島縦断!サイパン2日目(レース)

3時に起床し、ホテルから徒歩5分のスタート地点へ!
スタート・ゴール地点は前日受付をした、アメリカンメモリアルパークのすぐ近くです。
このゴールを目指します!

手荷物預かり所は無料。簡易トイレはスタート直前でも並ばずに利用できます!
スタート地点であるガラパン地区は、飲食店が多く、レース後に食事をされる方は15ドル前後あれば至福の1杯と定食や軽食などを堪能できます。

サイパンのゆるきゃら「 サイパンだ 」も応援に駆けつけてくれました!

4:30 フルマラソン、50km寛平コースがスタート!
アメリカンメモリアルパークを左手にして、サイパン島の北部へ向かいます!

日の出を迎える6時頃までは真っ暗闇の中、走ります!
街灯も少なく、基本的にエイド以外に人はいません。
距離表示は5km毎にあります。
最初の折り返し地点までの約10kmまでは登り坂がありますが、90%平坦で走りやすいコースです!

★ちょっと一息★
サイパンの道路は、雨が降っている時や降った後は滑りやすいので注意してください。

給水は、水とゲータレード!
給食は、オレンジ、バナナなどのフルーツの他、梅干もあります!
また各エイドに、暑さ対策として水を含んだスポンジが用意されています。

10km過ぎの地点で、フルマラソンは折り返し!
多くのランナーとすれ違うことができます!
50km寛平コースは直進しさらに北上し、バンザイクリフの岬を目指します!

50km寛平コースの13km地点で、目の前に海が広がります!
サイパンの日の出は6時頃なので、この時点でスタートから1時間30分経過。
だんだんと明るくなってきます。と同時に、気温がどんどん上昇していきます!

★ちょっと一息★
サイパンの道路は、どことなく、右に左に傾いています。長距離を走るランナーにとって道路の傾きは、腰や膝、足首などに大きな負担をかけます。なるべく平らな場所を走ることを意識しましょう!

50km寛平コースはサイパン最北端の岬であるバンザイクリフで折り返し!(約14km)

バンザイクリフとは

サイパンの戦い(1944年6月15日~同年7月9日)において、日本兵や民間人が、アメリカ兵からの投降勧告、説得に応じず、80m下の海に身を投じて自決した悲劇の断崖(岬)。多くの自決者が「天皇陛下、万歳」と叫び、両腕を上げながら身を投じたことから、戦後この名で呼ばれるようになった。自決者の数は1万人にのぼるとも言われていて、海は血で真っ赤に染まり、死体の海と化した。
現在は、平和記念公園として整備され、慰霊碑や寺院が建立されている。

(参考) ウィキペディア

サイパンマラソンは各種目とも往復コースです!
50km寛平コースやフルマラソンは前後にランナーがいない状況もあるので、すれ違うランナーと声を掛け合うとお互い励みになるでしょう!

20km地点!この日は運よく虹を見ることができました!
サイパンのコースは、田舎の一本道のような道をひたすら走ります!
道路の両脇にある自然を満喫してください!

50km寛平コースには、片道約3kmの登り坂”通称:アヘアヘ坂”があります!!
想像以上の坂道!覚悟して下さいね。
頂上付近では眺めの良い景色が待っています!
そしてそして!頂上では吉本芸人の間寛平さんが待っているかも!?

坂を下った後、一度スタート&ゴール付近に戻ってきます。
その辺りで、50km寛平コースおよびフルマラソンコース唯一の関門(スタートから4時間半)があります。その先は、ずーっと海を見ながら走れます!

★ちょっと一息★
後日談ですが、関門時間を4分過ぎても走っていいよという心温かい大会だと判明。
そのお陰でハネムーンで訪れていた新婚さんは2人とも完走できたらしい!

多くの地元の学生達がエイドでボランティアをしてくれています!
レース後半は約1kmごとにエイドがあり、水を含んだスポンジで後頭部を冷やせるのも、南国リゾートマラソンならではの「お・も・て・な・し」です!

ついにゴール!!フルマラソンも50km寛平コースも制限時間は8時間と長いです!
ゴールの瞬間は一人ひとり名前を呼んでくれ、「I am a Hero!!」となる瞬間です!

ゴール後、すぐにもらえる完走メダルと完走証!
完走メダルは50km寛平コースとフルマラソン完走者のみに与えられる特別なメダルです!
マラソンの主役は走ったランナー一人ひとり!
感動的なゴールをあなたも味わってみませんか。

【ポイント】
・前半10kmは多少のアップダウンがあります!
・後半の海沿いの景色を楽しみましょう!
・レース中、一人になることが度々あります。すれ違うランナーと声を掛け合い励まし合いましょう!
・スポンジで熱中症対策!南国リゾートマラソンならではの「おもてなし」です!