トップへ

The Runner's Guide to the world

シドニーマラソン

2016年 体験レポート[ 2014年はこちら ]

 シドニーへ出発

成田空港からシドニー(キングスフォード・スミス)国際空港まで9時間30分ほど。

 EXPO

EXPO会場は「シドニー・タウンホール」。最寄り駅はタウンホール(Town Hall)駅です。

EXPO会場の入り口。

EXPO会場には日本人ランナー専用受付が設けられています。個人で日本事務局へ直接申し込みした方、ランネット、スポーツエントリー、スポーツナビDoで申し込みした方は、「イベント・キット」(計測チップ付ナンバーカード、レースガイドなど)をご自身で受け取る必要があります。また、旅行会社を通じて申し込みした方でも、旅行会社からEXPO会場で「イベント・キット」を直接受け取るように指示を受けた方は、日本人ランナー専用受付で「イベント・キット」を受け取ってください。

「イベント・キット」の受け取りには、日本事務局から送られてきた「ゼッケン引換証」が必要です。必ず持参してください。

日本人ランナー専用受付で、計測チップ付ナンバーカード、安全ピン(ナンバーカードに付いています)、ランニングシャツ(封筒に入っています)、レースガイド、荷物預け用のビニールを受け取ります。

ランニングシャツ(前)

ランニングシャツ(後)

EXPO会場には大会スポンサーの出展ブースがあります。

アシックスのブースでは、シューズや

ソックスなどのギアが、

GUのブースではジェルなどが販売されています。

EXPO会場を出てすぐの場所には事前荷物預け所が設けられています。事前に荷物を預ける方はここで預けましょう。

 モーニングラン

大会前日の朝8時から日本事務局主催のモーニングラン(約3.5km)が開催されました。集合場所はハイド・パーク(Hyde Park)の噴水前。

天気もよくランニング日和。1km6分程度のペースでハイド・パーク(Hyde Park)からロイヤル・ボタニカル・ガーデン(Royal Botanic Gardens)へ。

途中、ハーバーブリッジやオペラハウスの写真撮影タイムも。

また、ミセス・マックォーリーズ・チェア(Mrs. Macquarie’s Chair)にも立ち寄り。

ゴールはオペラハウス。

ゴール後は、ランニングマガジン・クリール編集長からシドニーマラソンのコース攻略やワインポイントアドバイスも。

モーニングランのあとは、ロックスにあるパンケーキ店「Pancakes On The Rocks」で朝食会(参加自由)が開催されました。

同じ大会に参加する仲間との出会いや交流の場となり、朝食会は大盛り上がり!

 イブニングラン

大会前日の16時から日本事務局主催のイブニングラン(約3.5km)が開催されました。

スペシャルゲストとして、エリック・ワイナイナさんも参加。

エリック・ワイナイナさんを先頭にイブニングラン スタート。コースはモーニングランと同じ。ハイド・パーク(Hyde Park)からロイヤル・ボタニカル・ガーデン(Royal Botanic Gardens)へ向かいます。

ハーバーブリッジやオペラハウスをバックに記念撮影。

エリック・ワイナイナさんによるストレッチの指導。

オペラハウスまで走ったあとは、ランニングマガジン・クリール編集長からシドニーマラソンのコース攻略やワインポイントアドバイス。

2017年大会でも日本事務局主催のモーニングラン、イブニングランの開催が予定されています。初シドニーマラソン、初海外マラソン、初マラソンの人などは参加をおすすめします。きっと本番を安心して迎えることができます。


[ Text & Photo By Shinro Imakita / 今北 普朗 ]