トップへ

The Runner's Guide to the world

軽井沢マラソンフェスティバル

2015年 体験レポート

 マラソン三昧の2日間がはじまる!

軽井沢マラソンフェスティバルは、2日間でフルマラソンの距離を走る、ユニークなマラソン大会です。1日目に「碓氷峠ラン184」、2日目に「軽井沢リゾートマラソン」が行われます。どちらか一方に参加することも可能です。

メイン会場は軽井沢プリンスホテルスキー場駐車場。軽井沢駅から歩いて5分ほどの距離です。

Snow House前に受付ブースがあります。ゼッケン(安全ピン付き)、計測チップ、参加賞Tシャツ(2日間参加するため2枚)などを受け取ります。
 ※2016年大会は、碓氷峠ラン184(ハーフ、2km)とハーフ&ハーフ参加者はゼッケンが事前送付になるため、当日受付はありません。

会場内にはコインロッカーが設置されています。荷物はコインロッカーに預けましょう。

コインロッカーの奥に男子更衣室

受付ブース横に女子更衣室のテントが設置されています。

会場内にはスポーツウェアやグッズ、サプリなどを販売するブースが多数出店しています。

忘れ物をしても会場で購入できるので安心です。

スタート前のストレッチ。

ストレッチをしたあと、スタートエリアに移動(スタート10分前)。

9時40分、碓氷峠ラン184(ハーフマラソン)スタート!

秋晴れのなか、碓氷峠(群馬県安中市)に向かい走り出します。

スタート直後の上り坂。スタート直後の飛ばし過ぎには注意しましょう。

長野県軽井沢町から群馬県安中市へ。

「群馬県安中市」の看板を過ぎると、下りに差し掛かります。ここから折り返し地点まで約9kmほど下りが続きます。

下りに入って少し進むと1km地点。

きれいな紅葉が続き、ランナーの目を楽しませます。

距離表示は1kmごとに設置されています。

給水所。水とスポーツドリンクが提供されます。

給水所には仮設トイレも設置されています。

2回目の給水所。水とスポーツドリンクが提供されます。

折り返しコースのため、進行方向右側から速いランナーが駆け上がってきます。センターラインをはみ出さずに走りましょう。

国指定重要文化財の「碓氷峠鉄道施設 碓氷第六橋梁」。紅葉以外にも見どころがたくさん。

めがね橋駐車場前。もうすぐ、めがね橋(碓氷第三橋梁)です。

右奥に「めがね橋(碓氷第三橋梁)」が見えてきました。

10kmを過ぎると、正面に「めがね橋(碓氷第三橋梁)」が現れます。余力があれば立ち止まり、記念写真を撮るのもいいでしょう。

折り返し。

折り返して少し進むと、再度「めがね橋(碓氷第三橋梁)」の眺めを楽しむことができます。

「めがね橋(碓氷第三橋梁)」が11km地点です。

折り返し後、最初の給水所(めがね橋駐車場)。

折り返し後は、碓氷峠を駆け上がるコースが続きます。

秋といえど天気がよければ日差しもあり汗をたくさんかきます。熱中症や脱水症状にならないよう、給水所ではこまめな水分補給を心がけましょう。

16km手前の私設エイド。チョコレートが振る舞われました。甘いチョコレートを補給でき、後半も頑張れます!

給水所。ボランティアスタッフが笑顔で出迎えてくれ、ランナーに温かい声援が送られます。ゴールまであと約4km。

20km地点。ゴールまであと少し。

1km地点の距離表示(右側の距離表示は往路の1km地点)を過ぎると上り坂が終わります。

碓氷峠を往復し、群馬県安中市から

長野県軽井沢町へ戻ってきました。

ゴールの「軽井沢プリンスホテルスキー場駐車場」へ向かう途中、軽井沢駅方面に新幹線の線路と並行し走っていると、右手に浅間山を見ながら走ることができます。

坂道を下り切り、軽井沢プリンスホテルスキー場駐車場のなかへ左折。

ゴール!!

ゴール後、スポーツドリンクが提供されます。

計測チップはゴール後に回収BOXに返却します。

会場内にはご当地グルメなどが堪能できる飲食ブースが多数出店しています。

走ったあとは、会場でゆっくり食事を楽しみましょう。


[ Text & Photo By Shinro Imakita / 今北 普朗 ]